チャルトンの徒然なるままに

自由気ままに…書いていきます…

都民ファーストが都民の邪魔をする!?

おはようございます。

チャルトンリサです。

都民ファーストさん、駅前の往来の真ん中での演説は都民ファーストですか?

朝の通勤時間に、憂鬱な気持ちを圧し殺して頑張ってる都民に対して…

はっきり言います。

邪魔!!


都民ファーストさんが、そこらの政治団体と同じになりませんように…

ではまた

【住宅ローン】「驚くことに、住宅ローン完済までの平均期間はわずか14年だった」記事内容に違和感!?

どうもこんばんは

チャルトンリサです。

 

本日はこんな記事を見かけたのでご紹介します。

gendai.ismedia.jp

 

 

 個人的には、「まさか、現代ビジネスさんがこんな記事を載せるなんて…」と驚きました。

 なぜかというと、「住宅ローン完済までの平均期間は14年」というのは住宅ローンの借り換えによる完済を含めているにもかかわらず、「4割近くは10年以内に返済を終えている」と言っているからです。

 まったくデータ分析がなされていないので、正直何か忖度しているのかと勘ぐってしまうくらいです。

 

 

 以下、記事を引用しながら、コメントしてみました。

 

4割近くは10年以内に返済を終えている

しかも、平均25.4年返済で組んでスタートする住宅ローンだが、繰上げ返済などによって実際にはそれよりかなり早く返済を終えている。

やはり図表1をご覧いただくと分かるように、完済までの平均経過期間を5年刻みでみると、「10年以下」が37.3%と最も多く、次いで「(10年超)15年以下」が33.3%で、15年以内に完済している人が合わせて70.8%に達する。反対に、完済まで15年超かけている人は3割以下にとどまる。まして、「(30年超)35年以下」の人はわずかに0.7%というのが現実だ。

全体の平均をみると、16年度は14.4年。12年度は13.7年だったから、少し長くはなっているものの、当初は平均25.4年でローンを組んでも、実際にはそれより11年も短い14.4年で完済している。

   ⇒イメージよりも短くなっているのは、以下2点によるものです。

   ①借換による完済を含めているから。

    住宅金融支援機構のデータにも、借換が約30%含まれていると説明されている。

    借換の場合、当初借入から10年以内に借り換えるのが一般的。

    なぜなら、当初期間固定金利選択型を選ぶ人が比較的多く(新規実行のうち 約30%)、

    この方々は金利低下が続いたことで借換によるメリットが得られる人が多いため

   ②借り換え住宅ローンも集計対象となっているから

    借換住宅ローンの場合、借換前の利用期間が集計対象とならないため、実際よりも短くなってしまう。

  さすがに、25年で組んだローンを15年で返せる人は

 中々いないのが現実です。

 

これなら、30歳で組んでも40代半ばで終了し、40歳であっても50代半ばで終わる。40歳で組んだ場合など、年齢が高くなるほど収入は増えるだろうから、繰り上げ返済などによって完済までの期間がいっそう短くなる可能性がある。

  ⇒実際には30歳代で初めて住宅ローンを組み、低金利が続く中10年後40代で借換を行い、

   その後15年前後で退職金で繰り上げ返済するというのが一般的な流れ。

   したがって、完済までの平均経過期間が15年未満となるのは当然。

 

日本人の勤勉さはこんなところにも表れている。最近はそんな日本人の特性も随分失われつつあるといわれるものの、実はまだまだ捨てたものではないのかもしれない。あまり怖がらずに住宅ローンを組み、若いうちに多少頑張ってマイホームを取得しておくことが老後の安心につながるのだ。

 

    ⇒データ分析がめちゃくちゃなので、日本人の勤勉さが表れているとは言えないのでは??

 

 

   金融機関で働いている身としては、この記事のあまりに乱暴なデータ分析と結論付けに、正直唖然としました。

  それを週刊ビジネスさんが記事にされていたので、ちょっと取り上げてみました。

 

  ではまた

 

 

 

【飲み歩き】中野ウロコ本店

1.中野ウロコ本店
2.JR中央線中野駅北口から徒歩2分
3.会社の同僚
4.会社の忘年会などで使わせてもらっています。お店の中央に大きなカウンターがあり、ちょっと声を上げればすぐに威勢のいい店員さんが来て注文をとってくれます。店内はとても活気があります。1日10食限定のマグロのかま焼きは一度は食べてもらいたい一品です。七輪で焼くのですが、とにかく豪快で、香ばしい香りだけでもお酒が進みます。他にもカニ味噌の甲羅焼、三陸の牡蠣、ウニなど新鮮な魚介類を堪能できます。七輪で焼くという行為も楽しみの一つで、まだかなーと様子を見ながらお酒も進みます。漁師汁もあり、まるで漁港の食堂で港でとれたての食材を食べているような感じになります。旬の素材やお寿司系も食べられるところが魅力的です。しかも、お寿司はイクラやウニが溢れんばかりに盛られてボリュームがあります。アルコール類の種類はそれほど多くはありませんが、幻のチューハイや地元の中野のお酒などレアなものが用意されています。若い職員が多く、かなり飲み食いをするのですが、3000~5000円ほどで間に合います。

【息抜き】中野駅北口1分 終電後に飲める店「玉金」

中野駅北口の「玉金」という店をご紹介したいと思います。
玉金のいいところは、なんといっても営業時間の長さです。月曜日~木曜日までは17:30~翌8:00まで。金曜・土曜・祝日前は翌9:00時まで営業しています。
中野は飲み屋が多く、ついつい終電を逃してしまいがちです。
そんな時に、この店を知っておくと、朝まで飲めるので便利です。
店内は52席あり、かなり余裕を持った作りとなっています。
テーブル席もお座敷もあるので、カップルや友人、同僚との飲みの場として、幅広く使うことができそうです。
また、カウンター席もあり、一人で飲みに来ている人も結構います。
また、メニューも豊富で価格も安いメニューからあるので、気軽に利用しやすいと思います。
揚げ物、焼き物から刺身、飯物など、安くてたくさん頼めるので、お財布に優しく楽しめました。お酒もおいしかったです。
駅から近くて場所も分かり易いので、終電を逃した際にはぜひ利用してみてください。

【息抜き】中野駅南口から徒歩1分!焼き鳥が美味しい居酒屋です。

こんばんは

チャルトンリサです。

 

今日ご紹介するのはこち

 

・とり鉄 中野店
・南口徒歩1分

 

【感想】

  中野駅南口から徒歩1分とかなりアクセスは良いです。


  値段も、飲み放題付きで焼き鳥や鶏肉料理を中心としたボリューム満点の内容で、1人あたり3,500円と

  とてもお財布に優しく、会社やサークルの飲み会の場として使うのには最適です。
  

  私は職場の同僚12人で利用させていただきましたが、広い掘りごたつタイプの座敷を取って

  おいてくださり広々とした部屋で楽しむことができました。
  

  焼き鳥もハツやレバー、皮、モモなどの定番からつくね串など種類が豊富で、色々な味を楽しめます。
  焼き鳥以外にも、こだわりの出汁にくぐらせて食べる鶏肉のしゃぶしゃぶなど他の鶏肉料理も

  充実しており、とても満足のいく内容です。
  

  特に鶏肉は肉の中でもヘルシーで、しゃぶしゃぶは野菜も豊富に食べられますので女性の方でも

  安心して利用できると思います。
  

  飲み放題もビールやサワー、カクテルはもちろんソフトドリンクも飲み放題ですので、

  お酒が飲めない人も問題なく楽しめます。

 

  是非機会があれば、行ってみてください。

 

 

 ではまた

【息抜き】一度は行ってみたい中野駅周辺の居酒屋「マル勝」

こんばんは

チャルトンリサです。

 

今回は、私の地元である中野駅周辺の居酒屋を紹介します。

 

【店舗名】マル勝

【アクセス】北口から徒歩六分

 

【感想】

 何度かお邪魔しているお店です。友人と行くこともありますが、カウンターがあり一人でも行き易いお店です。

 

 こちらのお店で扱っている地鶏が本当に新鮮で美味しいです。

 鶏わさと白レバ刺しがあればお酒がすすみますし、ボリューミー焼き鳥はどのネタも本当に大きくて、なのに食べたい種類がいっぱいあるので、一緒に行った友人とシェアしながらすぐに平らげてしまいます。

 

 小さいお店の割にメニューがたくさんある上、どれも美味しそうなものばかりなので、是非何度か足を運んで自分のお気に入りメニューを探し当ててください。

 

 シメの鶏ばくだん丼はボリュームがあるので、是非お腹の隙間を空けておいてください。美味しくてやみつきになりますよ。

 刺しのような生っぽい感じの鶏を求めている方にオススメのお店です。

 

 中野駅周辺には、ほかにもたくさんいいお店があるので、また紹介します。

 

ではまた

 

 

【目指せ!副業100万円】作戦会議

こんばんは

チャルトンリサです。

 

今回は副業100万円を目指すに当たって、どんな方法があるのか頭出ししてみたいと思います。

「副業」でググるとすぐにいろいろと出てきました。

【副業】

 1.株式投資

 2.FX

 3.アフィリエイト

 4.せどり/転売

 5.ネットショッピング

 6.不動産投資

 7.民泊

 8.ドロップシッピング

 

いくつか経験はありますが、どれもなかなか大変な気がします。

 

次回以降はどれが、自分にあっているかひとつひとつ調べながら、検討していきたいと思います。

 

ではまた